フーレセラピーの魚体運動
0

    今年もびすたーりでできることを書いていきます!

    年始めはフーレの一番始めに行うこと。
    魚体運動といいます。
    仰向けに寝たお客様の足首を持って左右にゆらゆら〜と揺らします。

    目的は体を左右に揺することによって体の緊張をほぐしリラックスさせること。
    特に体幹部の緩めを意識します。

    そしてもうひとつの目的は体の揺れ方によってお客様の凝りや疲れを確認すること。
    体が緊張していたり、凝りがあると魚のように柔らかく揺れることができません。

    ほとんどのお客様はお腹のあたりだけ柔らかく揺れて、
    大腿部や胸から上はガクガクとぎこちなく揺れます。

    特にお疲れのお客様は全身がガクガクしています(^_^;)

    それと、初めて施術を受ける方ですと、精神的に緊張している場合があります。
    その時も体に力が入っているので、柔らかく揺れません。

    心も身体もリラックスできるとだんだん柔らかくなってくるのですね。

    リラックスは中国語で放鬆(ふぁんそん)と言います。
    (中国語というか気功用語として覚えています)

    鬆の字は骨粗鬆症の鬆です。スカスカな状態ですね。

    体をレースのカーテンの様にスカスカにするのです。
    風通しがよくてゆらゆらと揺れるカーテンです。

    体の風通しがよくなると、血の巡りがよくなり、硬さや凝りがなくなっていきます。

    お客様の体もそんな状態になってほしい、という魚体運動なのです。

    最後にもう一度魚体運動をします。
    施術前と比べてどんな揺れ方になったかぜひ確認してみてくださいね〜!

     
    posted by: きんと@びすたーり | フーレセラピー | 16:24 | comments(0) | - |