施術で気分が悪くなった時
0

     

    前にロミロミの施術後に気分が悪くなってしまったお客様がいらっしゃいました。

    部屋でしばらく休んでいただいてお帰りになられましたがそういうケースはたまにあります。

     

    一番多いのが、施術後に体がだるくなること。

    これは私もマッサージを受けた後よくなります。

     

    眠くなったり、吐き気や頭が痛くなることもあります。

     

    一般に好転反応と呼ばれていて

    簡単に言えば体が良くなろうとするときに起こる反作用のようなもの

    と解釈できます。

     

    気功で言えば体の悪い気が表面に出てきて、

    それが排出される前に出てくる現象ととらえています。

     

    排出する力が弱い人、特にどこかが弱っている人はこの反作用が強く出るようなのです。

     

    体も心も急激な変化というものには反作用が出ます。

    揉み返しなどもそうですね。

    骨盤矯正などでも、今までの癖が直されて、かえって違和感や痛みが出ることはあります。

    気功の治療などを受けていても、強い気を受けて気分が悪くなることはよくありました。

     

    血流が良くなることは健康に良いことなのですが

    急に良くなりすぎると血圧に変化が出たり、体の負担になったりします。

     

    そういう一時的な反作用が収まってようやくよくなっていきます。

     

    しかし、リラクゼーションサロンは治療するところではないので

    リラックスをしに来て、気分が悪くなってしまうのは

    本末転倒というか、

    そういう急激な反応はできるだけ避けたいと思っています。

     

    本当に具合が悪い場合もあるので、

    コンサルテーションの時にはまずご自分の健康状態をおっしゃってください。

    熱があるとき、疾患があるときはマッサージは受けずによく休んだ方がよいのです。

    体が弱っているときもマッサージは負担になるのでまず休んでください。

     

    強さの加減はご自分の感覚と実際の体の状態が合ってないときもあるので難しいのですが

    途中で強いなと感じたら遠慮なくお申し出ください。

     

    特にロミロミの時は長い時間同じ姿勢でいるので

    体位を変えたり、ストレッチを入れて、気を滞らせないようにすること

    最後のグラウンディングはしっかりとやっていくことを再度心がけます。

     

    施術後は水や白湯をたくさん飲んで老廃物を体外に排出すること

    飲酒や運動は避けて早く休むことを心がけてください。

     

     

     

    posted by: きんと@びすたーり | 体のこと | 18:37 | comments(0) | - |
    施術中のトイレ
    0

       

      トイレ サロンのトイレです(^o^)

       

       施術前にトイレを済ませておいても、施術中にトイレに行きたくなることはよくあります。

      マッサージすることによって、血流が良くなり、内臓が活性化されて排泄が促されます。

       

      老廃物を速やかに排出できるので、施術中にトイレに行きたくなることはとても良いことなのです。

       

      施術中にトイレに行きたくなったら、遠慮なくお申し出ください。

      もちろん何度でも大丈夫ですよ〜。

      ゆっくり行ってきてください。

       

      なお、トイレの中は狭いので、ぶつけないように気を付けてくださいね!


       

      posted by: きんと@びすたーり | 体のこと | 17:11 | comments(0) | - |
      うつ伏せで肩が浮くとき
      0

        クッション

        筋肉は人の体の動きを司っています。

        その筋肉が何かの理由で動きにくい時、
        連動している他の筋肉がカバーしてその動きをしようとします。
        しかし、主たる筋肉は動いてないので、そのしわ寄せとして別の動きが出てきます。

        例えば顔を後ろに向ける時、首の筋肉が硬くて動きにくいと
        首の筋肉だけで後ろを向けず
        代わりに肩、背中の筋肉が動いて顔が後ろを向きます。
        肩、背中の筋肉で動かしているので
        肩、背中も後ろを向いてしまっています。

        同じことがフーレでただ寝ているだけでも起きています。
        うつ伏せで寝るとき、顔は横を向いてもらいますが
        首が硬いと横を向けません。

        なので代わりに肩の筋肉を使おうとして
        腕を上に上げ、さらに肩を浮かして顔を横に向けるのです。

        そのようなお客様に対して、何か良い方法はないかと考えて
        ロミロミで使っていた小さなマイクロビーズのクッション(上の写真)を脇に入れることにしました。

        肩を浮かすために腕で支えてがんばっていることが多いので
        浮いたところをクッションで埋めると腕で支えなくていいので
        よりリラックスできます。

        肩の力が抜けると施術もよりやりやすくなります。

        たいてい片方の首が向きにくく
        最初に向きやすい方に向くので
        反対を向いたときにクッションを入れることが多いです。


         
        posted by: きんと@びすたーり | 体のこと | 14:59 | comments(0) | - |
        ずっと寝ているのも疲れる
        0
          JUGEMテーマ:リラクゼーションマッサージ

          当サロンはリラクゼーションを目的としたサロンですが
          フーレでもロミロミでもフェイシャルでも
          施術されることによる疲れというものも実はあります。

          そのひとつがずっと寝ていること。

          横になっていると楽なはずなのですが
          ずっと同じ姿勢で寝ていると今度はそれが疲れの原因になってしまいます。

          そういうこともあって、
          フーレ、ロミロミでは施術の途中で動いていただくメニューが入っています。
          フーレならば横を向いたり、うつ伏せになったり、仰向けになったり
          足を曲げたり、首を曲げたり反対にしたり、とご自分で動いていただきます。

          多少面倒かもしれませんが、それで体の活性化が図られます。
          ストレッチの代わりにもなりますね。

          ロミロミでは、途中に足のストレッチが入ります。
          120分コースでは腕のストレッチもあります。

          最初、ロミロミのモニターをしたときに、
          ストレッチが面倒、というご意見があったのですが
          狭いベッドに何十分もじっと寝ているのはやはり疲れます(^_^;)
          少し身体を動かすことで、さらに血流が良くなって体のこわばりも取れます。

          フェイシャルの場合は、パックの間や終了前に足を動かします。
          軽く揉んだり揺らしたりしてこわばりを緩和します。
          施術中も足を動かしていいですよ、とお伝えしています。

          最後に足を動かして終わる、ということは
          施術中上に上がりがちな気を下に降ろして終わる、という意味もあります。
          細かいことですが大事なことだと思っています。

           
          posted by: きんと@びすたーり | 体のこと | 18:33 | comments(0) | - |